読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

ユスティニアヌス『法学提要』第2巻 (Institutiones Iustiniani, Liber Secundus)

今年のゼミはユスティニアヌスの『法学提要』第2巻の講読(と以前の法学者著作との比較を通じた法学思想の研究)を行っていますので,少しずつ更新していきます。ありがたい事にラテン語の精読に重きを置いて頂いていますが,逆に第2巻をまるごと読み切るというわけではないということで,最後の方は頑張って訳したとしても,ゼミでの検討を経ていない拙訳となってしまいますね…

 

ちなみに邦訳が出版されたのは大正時代で,

末松謙澄訳(1913)『ユスチーニアーヌス帝欽定羅馬法學提要』帝国学士院

となっています。古すぎて国会図書館のデジタルアーカイヴ経由にて無料で読むことができます。ユスティニアヌスの法編纂といえば高校世界史でも扱うほどのものですが,新訳はでないのでしょうか…

 

以下テキストと訳です。

テキストはLatin Library (The Institutes of Justinian, Book 1) から引っ張ってきました。

 

DE RERUM DIVISIONE.

物の区分について

 

Superiore libro de iure personarum euimus: modo videamus de rebus. quae vel in nostro patrimonio vel extra nostrum patrimonium habentur. quaedam enim naturali iure communia sunt omnium, quaedam publica, quaedam universitatis, quaedam nullius, pleraque singulorum, quae variis ex causis cuique adquiruntur, sicut ex subiectis apparebit.

前巻においては人の法について説明した。これからは物について見ていくものとする。我々の相続財産内に,我々の相続財産外に,それらは所有される。というのも,全体のうちのいくらかは自然法に基づいて共有物であり,いくらかは国家所有財であり,いくらかは社会のものであり,いくらかは誰のものでもなく,十分な理由(法律問題)によって多様な個々人に与えられる個々のものの最大部分は,言わば論題から明らかになるだろう。

  1. Et quidem naturali iure communia sunt omnium haec: aer et aqua profluens et mare et per hoc litora maris. nemo igitur ad litus maris accedere prohibetur, dum tamen villis et monumentis et aedificiis abstineat, quia non sunt iuris gentium, sicut et mare.
    そしてかたや,全体のうちの以下のものは自然法に基づいて共有物である:空気と流れる水,海と,そして海がそうであるがゆえに海岸もである。従って誰しもが海岸に近づくことが禁止されない,しかしそれは屋敷,記念碑,建築物から遠ざかる限りである;それというのもそれらは,万民法の対象にあるもの―あたかも海のように―ではないからだ。

  2. Flumina autem omnia et portus publica sunt: ideoque ius piscandi omnibus commune est in portibus fluminibusque.
    さらに全ての川と港は国家のものである:そしてそれゆえに,すべての港や川において釣をすることの権利(漁業権)は,共有財である(※)。
    (※)もしくは,港や川において釣をすることの権利(漁業権)は,全ての人々において共有財である

  3. Est autem litus maris, quatenus hibernus fluctus maximus excurrit.
    更に海岸は冬の最大の流れまで広がった範囲で共有物である。

  4. Riparum quoque usus publicus est iuris gentium sicut ipsius fluminis: itaque navem ad eas appellere, funes ex arboribus ibi natis religare, onus aliquid in his reponere cuilibet liberum est, sicuti per ipsum flumen navigare. sed proprietas earum illorum est quorum praediis haerent: qua de causa arbores quoque in iisdem natae eorundem sunt.
    河岸の公共利用もまた,河川それ自体のそれと同様に,万民法のうちの一つである:従って,網をそこに原生である樹木に固く縛って船を陸付し,これに若干の荷物を置くこと誰しもにとって自由である,これは川それ自体を航海するのと同様である。しかし河岸の所有権は,その地所にそれが隣接するところの者にある:その理由で,同じところにある原生の木々もまたその者たちの所有物である。

  5. Litorum quoque usus publicus iuris gentium est, sicut ipsius maris: et ob id quibuslibet liberum est, casam ibi imponere, in qua se recipiant, sicut retia siccare et ex mare deducere. proprietas autem eorum potest intellegi nullius esse, sed eiusdem iuris esse cuius et mare, et quae subiacent mari terra vel harena.
    海岸の公的利用もまた,海のそれと同様に万民法のうちにあるものである。そしてそのために,自ら休息するところの家をそこに据え置くことは誰しもが自由である;これは網を乾かし,海から遠ざけておくのが自由であるのと同じことである。他方,それらの所有権は誰のものでもないと考えられることができ,しかし海においても,海の下にあるもの―大地,或いは砂地がそのうちにあるところのものと同じ法のうちにあると考えられることができる。

  6. Universitatis sunt, non singulorum, veluti quae in civitatibus sunt theatra, stadia et similia et si qua alia sunt communia civitatium.
    都市にあるが如きもの,例えば,劇場,競技場や同種のものが,或いは,もし他のものについて都市の共同物であるならば,それらは社会のものであり,個々人のものではない。

  7. Nullius autem sunt res sacrae et religiosae et sanctae: quod enim divini iuris est, id nullius in bonis est.
    というのは,それは神の法のもとにあるもので,誰の財のうちにもないからである。

  8. Sacra sunt, quae rite et per pontifices Deo consecrata sunt, veluti aedes sacrae et dona quae rite ad ministerium Dei dedicata sunt, quae etiam per nostrum constitutionem alienari et obligari prohibuimus, excepta causa redemptionis captivorum. si quis vero auctoritate sua quasi sacrum sibi constituerit, sacrum non est, sed profanum. locus autem, in quo sacrae aedes aedificatae sunt, etiam diruto aedificio, adhuc sacer manet, ut et Papinianus scripsit.
    慣習によって祭祀により神に捧げられたもの―神聖なる建物や奉納物のごときもの―,神への奉仕のために慣習に従って奉納されたもの,更に加えて,我等の規定により他人に渡されたり抵当に置かれたりすることを我らが禁じたもの―捕虜の贖いの理由は除く―は神聖なものである。もし却ってある者が,自らの見解であたかも聖物であるかのように自身において設定するのならば,それは神聖ではなく世俗のものとなる。更に神聖な建物が建築された場所は,建築物が破壊されてさえも尚神聖さを保ち続ける;これはパピニアヌスさえもそう記しているのである。

  9. Religiosum locum unusquisque sua voluntate facit, dum mortuum infert in locum suum. in communem autem locum purum invito socio inferre non licet: in commune vero sepulcrum etiam invitis ceteris licet inferre. item si alienus ususfructus est, proprietarium placet, nisi consentiente usufructuario, locum religiosum non facere. in alienum locum, concedente domino, licet inferre: et licet postea ratum habuerit quam illatus est mortuus, tamen religiosus locus fit.
    自らの地所に死者を埋葬する時,各々が自身の意志によって地を神聖なるものとするのである。しかし,共同所有者が不本意である時,純粋な共有地へと埋葬することは許されない。だが,他の者たちが不本意であってさえいても,共同の墓へ埋葬することは許される。同様にもし用益権が他の者に属するのならば,もし用益者が同意しない限り,所有者が土地を宗教物と為さないことが受け入れられる。他の者の土地へと埋葬することは主人が許せば適法である:そして死者が埋葬された後で主人が有効と認めた場合であっても,その地は神聖になる。
  10. Sanctae quoque res, veluti muri et portae, quodammodo divini iuris sunt et ideo nullius in bonis sunt. ideo autem muros sanctos dicimus, quia poena capitis constituta sit in eos qui aliquid in muros deliquerint. ideo et legum eas partes quibus poenas constituimus adversus eos qui contra leges fecerint sanctiones vocamus.
    囲壁や戸の如きものもまた神聖であり,ある程度神の法のうちにあるもので,そしてそれ故誰も財産の中に置くことができない。さて,死刑は壁へと何らかの罪を犯したものに対して規定されたが故に,我々は壁を神聖なるものとして述べるのである。そしてそれ故に,それに基づいて,法に対して事を為した者に対して我々が罰を制定したところの諸法のその一部を,我々は刑罰規定と称するのである。
  11. Singulorum autem hominum multis modis res fiunt: quarundam enim rerum dominium nanciscimur iure naturali, quod, sicut diximus, appellatur ius gentium, quarundam iure civili. commodius est itaque a vetustiore iure incipere. palam est autem, vetustius esse naturale ius, quod cum ipso genere humano rerum natura prodidit: civilia enim iura tunc coeperunt esse, cum et civitates condi et magistratus creari et leges scribi coeperunt.
    更に,多くの方法において物は各個人の所有物となる:というのも,ある物の所有権を我々は自然法―既に述べたがそれは万民法と呼ばれる―によって偶々得るのであり,市民法によって別の物の所有権を我々は得るのである。それ故に,より古い法について始めることがより相応しい。そこで,自然法がより古いということは明らかである;というのも人間の血統それ自体とともに,物の自然法則は生じたからだ:そして市民は,国家が建設されること,官吏が選び出されること,法が記されること,これらが始められた時に始められたのである。

続く

 

 

IG I3 75 (FOEDUS CUM HALIENSIBUS)

1            [θεο]ί·

              [Νε]οκλείδ[ες ․․8-9․․․ ἐγρα]μμάτευε.

              ἔδοχσεν τε͂ι [βολε͂ι καὶ το͂ι δέμοι· Αἰγεὶ]ς ἐπρυτάνευε,

              Νεοκλείδες [ἐγραμμάτευε, ․․․7․․․ ἐπε]σ̣τάτε̣, Λάχες ε-

5            ἶπε· χσυνθέκα[ς καὶ χσυμμαχίαν καὶ ℎόρκο]ς ἐ͂ναι <ἀ>δόλο-

              ς Ἀθεναίοι[ς καὶ ℎαλιεῦσιν κατὰ τάδε· v πα]ρέχε̣ν ℎαλι-

              ᾶς Ἀθεναί[οις ναύσταθμον καὶ προθύμος ὀφελε͂]ν Ἀθεν̣-

              αίος καὶ λ[ειστὰς μὲ ℎυποδέχεσθαι μεδ’ α]ὐτὸ̣ς̣ [λ]είζε̣[σ]-

              θαι μεδὲ χσ[υστρατεύεσθαι μετὰ το͂ν πο]λ̣εμίομ ἐπ̣’ [Ἀθε]-

10          ναίος μεδ’ ἐ[πὶ τὸς χσυμμάχος τὸς Ἀθεναί]ον μεδὲ χρ[έμ]-

              ατα παρέχε[ν τοῖς πολεμίοις μεδ’ ἐς τὰ τ]είχε ℎυποδέχ-

              εσθαι φρ̣[ορὰν το͂ν πολεμίον μεδεμίαν· ἐ]ὰν δέ̣ τ̣ις ἴει π-

              [ολέμιος ἐπὶ ℎαλιᾶς, βοεθε͂ν Ἀθεναίος ℎαλ]ιεῦσιν ἑτο-

              [ίμος καὶ ℎό τι ἂν δύνονται ὀφελε͂ν ℎαλι]ᾶς· ℎόσα δὲ ἔχο-

15          [σι ℎαλιε͂ς ἐᾶν ἔχεν ἐς τὸ λοιπόν· ἀδικ]ε͂ν δὲ μεδὲν ℎαλι-

              [ᾶς μεδὲ περιορᾶν ἐὰν ἀδικέσει τις τ]ο͂ν πολεμίον· Ἀθε-

              [ναίος δὲ φυλάττεν ἐν ℎαλιεῦσι φρορ]ὰν ℎέος ἂν ℎο πόλ-

              [εμος] ἄ̣[γεται, ἐρένες δὲ γενομένες τ]ὲν σφετέραν αὐτο͂-

              [ν φυλάτ]τ̣[εν ℎαλιᾶς· ἐὰν δέ τινος ἄλλ]ο δέονται δικαίο

20          [ℎαλιε͂ς παρὰ το͂ δέμο το͂ Ἀθεναίον ℎε]υ̣ρισκόσθον vvvv

              [κατὰ τάδε ὄμοσαν ℎαλιε͂ς· χσύμμαχο]ι ἐσόμεθα Ἀθεναί-

              [οις καὶ φίλοι ἐπιτέδειοι καὶ παρέ]χσομεν Ἀθεναίοι-

              [ς ναύσταθμον καὶ προθύμος ὀφελέσ]ομεν Ἀθεναίοις κα-

              [τὰ τὸ δυνατὸν ἐμ παντὶ καιρο͂ι καὶ ἐ]μμενο͂μεν ταῖς χσ-

25          [υνθέκαις πιστο͂ς καὶ ἀδόλος Ἀθεναί]οις· ὀμνύντον δὲ

              [καὶ] α̣[ὐ]τ̣ο̣͂[ν πρέσβες καὶ ἐχσόλειαν ἐπ]αράσθον εἰ μὲ ἐμμ-

              [έ]ν̣οιεν [ἐν τοῖς ℎόρκοις ℎὸς ὀμομόκα]σιν ℎαλιε͂ς· ὄμ[οσ]-

              [αν δ’] αὐτοῖς Ἀ[θεναίον ℎε βολὲ καὶ ℎοι σ]τ̣ρατεγοὶ ἐμμε-

              [νε͂ν ἐ]ν ταῖς χσυνθ[έ]κ̣[αις ℎὰς χσυνέθεντ]ο πρὸς ℎαλιᾶς

30          [ℎοι ἐπ]ὶ τὰ χσυγκε[ίμενα· τὰς δὲ χσυνθέ]κας ἀναγράφσα-

              [ι ἐστέλε]ι λ̣ιθίν̣ε̣[ι τὸν γραμματέα τε͂]ς βο[λ]ε͂ς καὶ κατα-

              [θε͂ναι ἐμ πόλει· οἱ δὲ κολακρέται δόντ]ον [τὸ] ἀργύριον·

              [ℎαλιε͂ς δὲ θέντον τὲν στέλεν ἐς τὸ ℎι]ερὸ[ν τ]ο͂ Ἀπόλλον-

              [ος· πρέσβες ℎοίδε ὄμνυον τὲν χσυμμαχ]ίαν· v Νέον v Ἀ[․․]

35          — — — — — — — c.32 — — — — — — — ος Ἀγακ[λ․․․]

              — — — — — — — c.31 — — — — — — — vacat

              — — — — — — — — — — — — — — — — #⁷#⁷ — — — —

 

以下が(所謂)通常のギリシア語に直したのとその訳です。

 

[θεο]ί·

神々よ[1]

Νεοκλείδης ․․․․․ ἐγραμμάτευε.

[2]ネオクレイデースが書記を務めた[3]

ἔδοχσεν τῃ βουλῃ καὶ τῳ δήμῳ·

評議会と民会が決議した:

Αἰγεὶς ἐπρυτάνευε, Νεοκλείδης ἐγραμμάτευε, ․․․․․․ ἐπεστάτει, Λάχης εἴπε·

アイゲイス部族が当番評議員を務め,ネオクレイデースが書記を務め[4],…が議長を務め,ラケース[5]が動議した:

χσυνθέκας καὶ χσυμμαχίαν καὶ ὅρκους εἰναι ἀδόλους Ἀθεναίοις καὶ ἁλιεῦσιν κατὰ τάδε·

以下の元に,アテナイ人とハリエイス人たちにおいて協定,軍事同盟,誓約は真正たるべし:

παρέχε̣ιν ἁλιᾶς Ἀθεναίοις ναύσταθμον καὶ προθύμως ῶφελεῖν Ἀθεν̣αίους καὶ λῃστὰς μὲ ὑποδέχεσθαι μεδ’ αὐτοὺς λείζε̣σθαι μεδὲ χσυστρατεύεσθαι μετὰ τῶν πολ̣εμίων ἐπ̣’ Ἀθεναίους μεδ’ ἐπὶ τοὺς χσυμμάχους τὸς Ἀθεναίων μεδὲ χρήματα παρέχειν τοῖς πολεμίοις μεδ’ ἐς τὰ τείχη ὑποδέχεσθαι φρ̣ορὰν τῶν πολεμίων μεδεμίαν·

ハリエイス人たちはアテナイ人に停泊地を引き渡すべし;アテナイ人に進んで奉仕すべし;海賊を受け入れてはならない;自らも海賊行為を行ってはならない;敵[6]とともにアテナイ人に対する遠征に参加してはならない,アテナイ人の同盟国に対する遠征にも参加してはならない;敵に必要物資を与えてはならない,どの敵の守備隊も市壁の中へと引き入れてはいけない:

 

[1] Invocative Phraseの始まり方

[2] 恐らく,父親の名前か居住していた区の名前が書かれていたと思われる

[3] 石版に刻んだ際の書記(前5世紀当時は評議会員からの選挙で任期は1プリュタネイア)

[4] 評議会,民会で決議された際の書記(同一人物故,決議→刻印までの期間が短かかったことを示す)

[5] 当時の将軍,以下の不定法構文は彼の言及した内容

[6] ここではペロポンネソス側についていたコリントスが念頭に置かれている

 

紀元前5世紀にアテナイがハリエイス人達と結んだ同盟についての決議碑文です。ハリエイスは小さい港街ながらも戦略的に重要な位置にあったとのことです。なお,ハリエイス人のついての史料は殆どこれしかないらしいですね…

(訳の続きは再来週の水曜日の演習後に書きます。)

『ギリシア語入門』(田中美知太郎・松平千秋):練習問題の解答案

古典ギリシア語を最初から学習する上では,『ギリシア語入門 新装版』(田中美知太郎・松平千秋)をはじめに1周するのが(結構前から)セオリーのようです。

僕も授業で購入して取り組みましたが,非常にわかりやすく,安定して安価に入手できる入門書ですが,一点練習問題の解答がないのに困りました(まあ独習書というよりは教科書だからなんでしょうが...ちなみにネットで探したらあるにはあったのですが,気息記号やアクセント記号がないのと,入力ミスがちょくちょくありました)。

久しぶりに解き直してみることにし(ほとんど吹っ飛んでしまいました),せっかくですので解答を打ち込んで上げてみることにしました。全部終わるのはいつになるかわかりませんが,少しずつ増やしていきます。(間違いが多いと思いますのであまり信用なさらぬように...;見つけたら教えて下さい)→以下のログをご覧になるとわかりますが,セルフチェックでも恐ろしいまでのミスが見つかっています…

 

 

別にプログラムとかじゃないんで大丈夫だと思いますが一応スキャンとかかけておくことをおすすめします。

https://1drv.ms/b/s!AmdAVvA0ZcISgtgvKiUn0-W6Ysepsw

 

(編集ログ)

2017年4月25日:講読の授業が忙しくなったので一旦中断します...

2017年3月10日:練習問題30,31(第16課)ならびに§163(第17課)を追加しました。

2017年3月9日:練習問題28,29(第15課)を追加しました。果たして終わるのでしょうか。

2017年3月1日:練習問題26,27(第14課)を追加しました。

2017年2月27日:動詞のアクセントの後退性をすっかり忘れてました。一通り直しましたけどまだある気がします。練習問題24,25(第13課)を追加しました。

2017年2月23日:練習問題20~23(第11, 12課)を追加しました。注意書きを加筆しました。

2017年2月22日:練習問題18,19(第10課)を追加しました。注意書きを加筆しました。練習問題15-3,「詩人のποιητοῦ」が何故か「市民のπολῖτου」になってたので直しました;15-4 "πολῑτῶν εὐεργέτᾱς"は定冠詞を取るべきな気がしたので外したのと,スペルミスを直しました;17-2 "θύρᾱν"のアクセント位置がおかしかったので直しました;17-3 "ἡσυχίᾱν"に余計な曲アクセントがあったので削除し,"ἦγον"が誤って鋭アクセントになっていたので直しました。

2017年2月21日:院試に受かったので再開します。とりあえず今日は訂正だけ;練習問題11-4で,プロクリティック"ἐκ"に誤って鋭アクセントを付けていたのと,"πέμψει"に鋭アクセントを付け忘れていたこと,13-5で"παρὰ"の重アクセントを鋭アクセントにしてしまっていたのを修正しました。

2016年10月21日現在:ちゃんと生きてます。が、卒論と院試でギリシア語に時間が割けなくなりました…続きは2月後半までお待ちください…

2016年8月5日:練習問題14~17(第8,9課)を追加。注意書きを修正。

2016年8月2日:練習問題12~13(第7課)を追加;練習問題5(3)を疑問形にしていなかったのを訂正し,(4)の"?"を";"にする

2016年7月31日:練習問題4~11(第3~6課)まで作成

CIL V 606

同じく今日のゼミで扱われた墓碑銘です。

 

C. Hotilio C. f.

Flugioni

C. Hostilio C. f.

Nepoti f(ilio)

L. Mutillio L. l.

Nimphodoto f(ilio)

Hostilia C. l.

Provincia

v(iva) f(ecit).

 

C. = Gaius, L. = Lucius, f. = filius, l. = libertoですので、上から訳すと

 

ガイウスの息子ガイウス・ホティリウスのために

フルギオヌスのために

ガイウスの息子ガイウス・ホスティリウスのために

ネポスのために、息子のために

ルキウスの解放奴隷ルキウス・ムティッリウスのために

ニンフォドトゥスのために、息子のために

ガイウスの解放奴隷ホスティリアが

プロウィンキア

生きている者が成した

 

謎です。

 

まずローマ人の名がpraenomen(男性のみ)- nomen-status(C. f.とかC. l.とか)-cognomenになることを考えると、登場人物は

①ガイウスの息子ガイウス・ホスティリウス・フルギオヌス

②ガイウスの息子ガイウス・ホスティリウス・ネポス

③ルキウスの解放奴隷ルキウス・ムティッリウス・ニンフォドトゥス

④ガイウスの解放奴隷ホスティリア・プロウィンキア

の四人となります。

となるとNepotiやNimphodotoの後ろのf(ilio)は何だということになりますが、結論を先に言うとホスティリア・プロウィンキア(④)の息子ということらしいです。

ホスティリア・プロウィンキア(④)を解放したガイウスというのはガイウス・ホスティリウス・フルギオヌス(①)で、この二人が結婚し、生まれた息子がガイウス・ホスティリウス・ネポス(②)になるのだそうです。市民と解放奴隷の間に生まれた子は市民となるので、確かに辻褄はあります。

で、ルキウス・ムティッリウス・ニンフォドトゥス(③)は誰だということになると、ホスティリア・プロウィンキア(④)が解放奴隷になる以前にもうけた息子ということになり、彼は母親が解放される前だったので、奴隷身分となります。ルキウス・ムティッリウス・???さんが彼を解放したのち、同居したということなんでしょうか?

 

要点を言うと、

①が④を解放して結婚して②が生まれた。

③は④が解放される以前に生まれた子である(②③は異父兄弟)。

ということですね。

 

名前のつけ方だけでここまで推測できるのは面白いですが、ローマ人には名前のつけ方を改めていただきたかった次第です。(そもそも名前のヴァリエーションが少ないしね)

 

以上最初の墓碑銘を適宜補って全訳するとこんな感じでしょうか?

 

ガイウスの解放奴隷ホスティリア・プロウィンキアが存命中に建てた;

ガイウスの息子ガイウス・ホスティリウス・フルギオヌス、ガイウスの息子ガイウス・ホスティリウス・ネポス、そしてルキウスの解放奴隷ルキウス・ムティッリウス・ニンフォドトゥスのために。

 

お母さんだけ生き残ってしまった何かがあったんでしょうかね…

CIL V 5132

今日のゼミで解釈を習った墓碑銘です。

 

V(ivus) f(ecit)

L. Blandius C.f.

Vot(uria tribu)

IIIIII vir et

Augustalis

et flaminalis

sibi et 

Valeriae L. f.

Rusicae

uxori

 

改行だけ忠実に書きました。一つずつ日本語に訳すと以下のようになります。(これ以上縦に長くなるとあれなので、改行部は / で示しました)

 

生きている者が作った / ガイウスの息子ルキウス・ブランディウスが / ウォトゥリア区の / アウグスターリスの六人委員であり、神官である / 自身のために、そして / ルキウスの娘ウァレリアのために / ルスティカに / 妻に

 

L. = Lucius, C. = Gaius, f. = filiusの略ですが、もちろん活用しているので(例えば最初のC. = Gaii (sg. gen.))、読むときめんどくさいです。

ローマ人の名前の書き方は、praenomen-nomen-cognomenのように3つ示されることがありますが、そこにnomenとcongnomenの間にステータスとして「何某の息子」「何某の解放奴隷」のように書かれるので、実はここに出てきている人名は二つだけで、ガイウスの息子ルキウス・ブランディウスと、彼の妻であり、ルキウス(別のルキウスさん)の娘であるルスティカ・ウァレリアとなるのだそうです。

 

以上、適宜補ってまとめるとこんな感じでしょうか?

 

アウグスターリス六人委員であり神官でもある、ウォトゥリア区の、ガイウスの息子ルキウス・ブランディウスが存命中に成した;自身と、妻である、ルキウスの娘ルスティカ・ウァレリアのために捧ぐ

 

端的に言って名前の修飾長すぎです。

Lex de imperio Vespasiani (CIL VI 930, ILS 244)

foedusve cum quibus volet facere liceat, ita uti licuit divo Aug(usto), Ti. Iulio Caesari Aug(usto), Tiberioque Claudio Caesari Aug(usto) Germanico.

そして神と崇められたアウグストゥスティベリウスユリウス・カエサルアウグストゥス,そしてティベリウスクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクスに許された通りに,彼【=ウェスパシアヌス帝】が望む者と条約をなすことは適法である。

 

Utique ei senatum habere, relationem facere, remittere, senatus consulta per relationem discessionemque facere liceat, ita uti licuit divo Aug(usto), Ti. Iulio Caesari Aug(usto), Ti. Claudio Caesari Augusto Germanico.

そして神と崇められたアウグストゥスティベリウスユリウス・カエサルアウグストゥス,そしてティベリウスクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクスに許された通りに,そのことについて元老院会議を挙行し,報告を行い,差し戻し,報告と採決の結果として元老院の決定を実行するのが適法である。

 

Utique cum ex voluntate auctoritateve iussu mandatuve eius praesenteve eo senatus habebitur, omnium rerum ius perinde habeatur servetur, ac si e lege senatus edictus esset habereturque.

そして彼【=ウェスパシアヌス帝】の要求,もしくは意向,指示,命令,あるいは【+彼が】出席される中で元老院会議が挙行されるであろう時は,法令に従って元老院が命令され挙行されるのと同様に,万事についての法が保持・維持される。

 

Utique quos magistratum potestatem imperium curationemve cuius rei petentes senatui populoque Romano commendaverit, quibusque suffragationem suam dederit promiserit, eorum comitis quibusque extra ordinem ratio habeatur.

そして彼【=ウェスパシアヌス帝】がマギストラートゥス【≒公職者】,ポテスタース【≒公職者に適法に帰属する国家権力の総体】,インペリウム【≒命令権】,もしくは何らかの監督役を得ようと努める者をローマの元老院と人民に推薦し,彼の支持を与え,また約束した者に対して,いかなる民会においてもその者たちに通常以上の配慮が保持される。

 

Utique ei fines pomerii proferre promovere, cum ex re publica censebit esse, liceat, ita uti licuit, Ti. Claudio Caesari Aug(usto) Germanico.

ティベリウスクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクスに許された通り,公共益に従っていると彼【=ウェスパシアヌス帝】が評価した場合,ポメリウム【≒ローマ市の聖域(武器の携行が禁止され,内外でインペリウムの種類が別れた)】の境界を拡大・延長することは適法である。

 

Utique quaecumque ex usu reipublicae maiestate divinarum humanarum publicarum privatarumque rerum esse censebit, ei agere facere ius potestasque sit, ita uti divo Aug(usto), Tiberioque Iulio Caesari Aug(usto), Tiberioque Claudio Caesari Aug(usto) Germanico fuit.

そして国家の利益と神・人間・国家・私人の物事の威厳に従うと彼【ウェスパシアヌス帝】が評価するものは何でも,神と崇められたアウグストゥスティベリウスユリウス・カエサルアウグストゥス,そしてティベリウスクラウディウスカエサルアウグストゥスゲルマニクスがそうした通り,彼に実行する権能と権力がある。

 

Utique quibus legibus plebeive scitis scriptum fuit, ne divus Aug(ustus) Tiberiusve Iulius Caesar Aug(ustus), Tiberiusque Claudius Caesar Aug(ustus) Germanicus tenerentur, iis legibus plebisque scitis imp. Caesar Vespasianus solutus sit;

そして法,もしくは平民会決議により記されたものに,神と崇められたアウグストゥス,もしくはティベリウスユリウス・カエサルアウグストゥス,そしてティベリウスクラウディウスアウグストゥスゲルマニクスは束縛されず,これら法や平民の裁定からカエサルウェスパシアヌス帝は自由である。

 

quaeque ex quaque lege rogatione divum Aug(ustum) Tiberiumve Iulium Caesarem Aug(ustum), Tiberiumve Claudium Caesarem Aug(ustum) Germanicum facere oportuit, ea omnia imp. Caesari Vespasiano Aug(usto) facere liceat.

神と崇められたアウグストゥス,もしくはティベリウスユリウス・カエサルアウグストゥス,そしてティベリウスクラウディウスアウグストゥスゲルマニクスが法と提議に従って為すべきとしたことは何でも,それら全てがカエサルヴェスパシアヌスアウグストゥス帝において為すことが許される。

 

Utique quae ante hanc legem rogatam acta gesta decreta imperata ab imperatore Caesare Vespasiano Aug(usto) iusu mandatuve eius a quoque sunt, ea perinde iusta rataq(ue) sint ac si populi plebisve iussu acta essent.

この法以前に,カエサルヴェスパシアヌスアウグストゥスとその命令・指令を受けたものによって依頼され,【+企てて】行われ,【+管理して】実行され,規定され,命令されたものも全てまた,それらが人民や平民の命令で行われていたのと同様に正当かつ有効である。

 

Sanctio

刑罰規定【=約款】

 

Si quis huiusce legis ergo adversus leges rogationes plebisve scita senatusve consulto fecit fecerit, sive quod eum ex lege rogatione plebisve scito scenatusve c(onsulto) facere oportebit, non fecerit huius legis ergo, id ei ne fraudi esto, neve quit ob eam rem populo dare debeto, neve cui de ea re actio neve iudicatio esto, neve quis de ea re apud [s]e agi sinito.

もし何者かがこの法の故に,法・法案・平民の決議・元老院の決議に反することを行った,あるいはこれから行う場合,もしくはこの法の故に,法・法案・平民の決議・元老院の決議に従って行わねばならないことをしなかったとき,これはその人を罪に問わず,このことについて何かを人民に与えず,そのことについて訴訟や判決はなく,その人の前においてそれについての何か【=訴訟】を行うことは許されない。

 

 

 

ウェスパシアヌス帝が発布した命令権に関する法令,所謂「ウェスパシアヌス皇帝法」の碑文の拙訳です。語彙のニュアンスを未だ掴めていないので,上手いこと訳し分けができませんでした...

本来改行されているところを示さないなど,本来碑文に含まれている情報を大幅にカットしたテクスト・オンリーですがご容赦ください。史料写真などは

LEX DE IMPERIO VESPASIANI (CIL VI 930; ILS 244) | open.conted.ox.ac.uk (beta)

で公開されています。

彼が皇帝権力を確立すべく取り決めた条項で,簡単に言ってしまうと先代までの皇帝に認められていた権利を彼が引き継ぐことが確認されているということでいいでしょうか?

講義によると,本来この碑文は複数枚あったそうで,現存部は二枚目かそれ以降のものだそうです。おそらく命令に関する動詞が冒頭部に存在していたと考えられ,繰り返される"utque"はこれに掛かるものだそうです。

 

【参考文献】

Limentani, C. (1991) Epigrafia Latina, pp.113-114.

Meyer, E. (1948) Römischer Staat und Staatsgedanke, Zürich [鈴木一州訳 (1978) 『ローマ人の国家と国家思想』岩波書店](用語の注釈はこれを参考にしました)

 

 

"Alcibiades" in Nepos, C. "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

今回はネポスによるアルキビアデスの伝記を扱います。

 

Chapter1

 

Alcibiades, Cliniae filius, Atheniensis.

クリニアの息子,アルキビアデスはアテナイ人である。

 

In hoc quid natura efficere possit, videtur experta.

この人において自然が何を成し遂げられるか,【+自然は】試したように思われる。

 

constat enim inter omnes, qui de eo memoriae prodiderunt, nihil illo fuisse excellentius vel in vitiis vel in virtutibus.

というのも彼について記録を残した【or記憶した】全ての人々の間で,悪徳においても美徳においても彼より卓越した者がいたことは決してないことが知られているからだ。

 

Natus in amplissima civitate summo genere, omnium aetatis suae multo formosissimus, ad omnes res aptus consiliique plenus (namque imperator fuit summus et mari et terra, disertus, ut in primis dicendo valeret, quod tanta erat commendatio oris atque orationis, ut nemo ei [dicendo] posset resistere), dives;

最も有名な都市において最上の家門から生まれ,彼の世代のすべての人の家で最も美しく,全てのことについて適格で豊かな賢察の人であり(というのも海と陸において至上の最高指揮官であり,そして雄弁で,それ故に発言されること【⇒演説】において第一人者の中でも力があり,これ程のものは外見やさらに発言の推薦【⇒魅力】があり,誰も[発言されること]について抵抗することができないほどであったからである),裕福であった;

 

cum tempus posceret, laboriosus, patiens;

状況が要求していた時は,勤勉で,辛抱強かった;

 

liberalis, splendidus non minus in vita quam victu;

公的生活でも生き方に劣らず気前が良く,華麗であった;

 

affabilis, blandus temporibus callidissime serviens:

丁寧で,優雅で,状況に巧みに従う【+人物であった】:

 

idem, simulac se remiserat neque causa suberat, quare animi laborem perferret, luxuriosus, dissolutus, libidinosus, intemperans reperiebatur, ut omnes admirarentur in uno homine tantem esse dissimilitudinem tamque diversam naturam:

一方で,彼も自身を緩ませ【or 気を緩ませ】,知の労働を耐える理由が無くなるや否や,放蕩で,軽薄で,自制,節度のない姿を目撃されており,それゆえ一人の人間においてこれほど多様で異なった性質があることに皆が驚くほどであった。

 

(原文における校訂記号は和訳において全角記号で対応,【】は私が挿入した注釈です。邦訳が国文社の「叢書アレクサンドリア図書館」シリーズで出ており,それも参考にしましたが,あくまで拙訳です。)

 

 

ネポスが著した『英雄伝』(De excellentibus ducibus exterarum gentium(「外国の名将たち」))で取り扱われた人物の一人,アテナイの将軍Alcibiadesについての伝記をしばらく訳していきます。

この部分は為人の紹介にあたります。

4つ目の訳が微妙ですね。

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.16 (ラテン文もこれを使用)

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,45頁

 

Chapter2

 

Educatus est in domo Pericli (privignus enim eius fuisse dicitur), eruditus a Socrate.

ペリクレスの家で養育され(というのも彼の継子であったと言われているからだ),ソクラテスから教えを受けた。

 

socerum habuit Hipponicum, omnium Graeca lingua loquentium ditissimum, ut, si ipse fingere vellet, neque plura bona reminisci neque maiora posset consequi, quam vel natura vel fortuna tribueret.

ヒッポニクスを義父に持ったが,彼【=ヒッポニクス】は全てのギリシア語話者の中で最も富んでおり,それ故,たとえ彼が自身を自身で詐称しようと欲しても,自然或いは運が贈った以上の,よりよい恩恵を考えつくこともそれ以上のものを得ることもできないのであった。

 

Ineunte adulescentia amatus est a multis amore Graecorum, in eis Socrate;

青年期が始まると彼は多くのギリシア式の愛を以って愛され,その中にソクラテスもいた;

 

de quo mentionem facit Plato in symposio.

これについてはプラトンが「饗宴Symposium」において記述している。

 

Namque eum induxit commemorantem se pernoctasse cum Socrate neque aliter ab eo surresxisse, ac filius a parente debuerit.

確かに【+プラトンは】彼のことを言及し【⇒彼を登場させ】ソクラテスと一夜を過ごしたこと,【+だがしかし】息子が父の元からそうせねばならないのと同様にそこから身を起こしたことを彼【=アルキビアデス】自身【+の発言?】として引用したのである。

 

posteaquam robustior est factus, non minus multos amavit;

彼はさらに成長してからも,劣らず多くの男達を愛した;

 

in quorum amore, quoad licitum est odiosa, multa delicate iocoseque fecit, quae referremus, nisi maiora potiora haberemus.

その愛において,彼は忌まわしい行為を許された限り,多くのことを優美さと機知を以って行った;より重要なものを【+彼の人生が】含んでいないなら,我々はそのことを記述していた。

 

 

彼の生い立ちが簡潔に記されています。彼がペリクレスの継子であったとありますが,実際は後見人とはいえ,単なる親戚であったようです。

5つ目と7つ目が要訂正な気がします。

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.17. (ラテン文もこれを使用)

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,45-46頁

 

Chapter3

 

Bello Peloponnesio huius consilio atque auctoritate Athenienses bellum Syracusanis indixerunt;

ペロポネソス戦争において,この人【=アルキビアデス】の助言とそれに加えて勧告に従って,アテナイ人はシュラクサ人たちに戦争を布告した【⇒宣戦布告した】;

 

ad quod gerendum ipse dux delectus est, duo praeterea collegae dati, Nicia et Lamachum.

これ【=戦争】を実行することに向けて,彼自身が指導者【=将軍】に選ばれ,加えて2人の同僚,ニキアスとラマクスが【+彼に】委ねられた。

 

Id cum appararetur, priusquam classis exiret, accidit, ut una nocte omnes Hermae, qui in oppido erant Athenis, deicerentur praeter unum, qui ante ianuam erat Andocidi.

それ【=戦争】が準備されている間に,艦隊が出発するより以前に,アテナイのオッピドゥム【=城市】内にあった全てのヘルメス神の柱が,アンドキデスの家の前にあった一つを除いて,全て倒されるということが起こった。

 

Itaque ille postea Mercurius Andocidi vocitatus est.

それ故,それ【=唯一倒されなかった柱】はその後アンドキデスのメルクリウス【=ヘルメス】と称された。

 

Hoc cum appareret non sine magna multorum consensione esse factum, quae non ad privatam, sed publicam rem pertineret, magnus multitudini timor est iniectus, ne qua repentina vis in civitate exsisteret, quae libertatem opprimeret populi.

このことが非常に多くの人々の一致なしには実現されないことが明らかになったので,それは私個人ではなく国家を標的としたものであり,人民の自由を抑圧する,都市内での突然の暴力が生じるのではないかという恐怖が多くの群衆において引き起こされた。

 

Hoc maxime convenire in Alcibiadem videbatur, quod et potentior et moior quam privatus existimabatur.

このことはアルキビアデスにおいて極めて合致するように思われていた;なぜなら彼は【+単なる】一個人よりも影響力があり能力が高いと評価されていたからだ。

 

Multos enim liberalitate devinxerat, plures etiam opera forensi suos reddiderat.

というのも【or実際】彼は気前の良さによって【+人々を】従わせ,更に多く【+の人々】を司法における労苦によって自らのものにしていたのであった。

 

Qua re fiebat, ut omnium oculos, quotienscumque in publicum prodisset, ad se converteret neque ei par quisquam in civitate poneretur.

それ故に,彼は公の場に何度現れても全ての人々の目を自分に向けさせ,市民の中で彼に匹敵するとみなされるものはいないということになっていた。

 

Itaque non solum spem in eo habebant maximam, sed etiam timorem, quod et obesse plurimum et prodesse poterat.

それ故,彼は非常に多くの害を為すことも益を為すこともできたので,人々は多大な期待を彼において抱くだけでなく,不安もまた抱いていた。

 

Aspergebatur etiam infamia, quod in domo sua facere mysteria dicebatur;

そのうえ,自らの家の中で密教を行っていると言われていたという悪評を以って,彼【+の名誉】は汚されていた;

 

quod nefas erat more Atheniensium, idque non ad religionem, sed ad cojurationem pertinere existimabatur.

そのことはアテナイ人の慣習においては瀆神であり,さらにそれは宗教ではなく,共謀に関わるものとして判断されていたのである。

 

 

このアルキビアデスに関わる記述は,ネポスの時代のローマを反映していると言われています。例えば司法における援助といった記述は確かに古典期アテナイでは生じ得ない関係と言えるでしょう。具体的にはカテリーナの陰謀事件が照射されているそうです。

また,ヘルメス神の柱の事件も多少史実とは異なっているそうで,実際は倒されたのではなく,像の突起物を折られた,という事件だそうです。

機会があればこれに関する別の資料も見てみたいものです。

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.17sq. (ラテン文もこれを使用)

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,46-47頁

 

Chapter4

 

 Hoc crimine in contione ab inimicis compellabatur.

民会におけるこの告発によって,彼は敵対者から訴えられた。

 

sed instabat tempus ad bellum proficiscendi.

だが戦争へと旅立つ時が迫っていた。

 

Id ille intuens neque ignorans civium suorum consuetudinem postulabat, si quid de se agi vellent, potius de praesente quaestio haberetur, quam absens invidiae crimine accusaretur.

彼はそのことを考慮し,そこ【=アテナイ】の市民たちの風習についても無知でなかったので,もし彼自身【=アルキビアデス】が訴えられることを彼ら【=アテナイ市民】が望むなら,嫉妬の告発を不在中ではなく,むしろ自分がいる間に審問が挙行されるように要求した。

 

animici vero eius quiescendum in praesenti, quia noceri non posse intellegebant, et illud tempus exspectandum decreverunt, quo exisset, ut absentem aggrederentur;

しかし彼の敵対者は,彼に害を為すことができないとみなしたため,目下静観しようとし,そして,彼が不在の時に攻撃するために,その時ーそこにおいて彼が出発したーが待たれることを決定した;

 

itaque fecerunt.

そしてそのように実行した。

 

Nam postquam in Siciliam eum pervenisse crediderunt, absentem, quod sacra violasset, reum fecerunt.

すなわち彼らは,彼がシチリアに至ったと考えた時,不在者を,神聖な事柄を冒涜したという理由で,有罪と為したのである。

 

Qua de re cum ei nuntius a magistratu in Siciliam missus esset, ut domum ad causam discendam rediret, esset que in magna spe provinciae bene administrandae, non parere noluit et in trierem, quae ad eum erat deportandum missa, ascendit.

この事柄によって,経られるであろう訴訟のために本国へ戻るようにと,行政長官からシチリアにいる彼に使者が送られ,【+一方で】また,彼が担当領域がよく統治される大きな希望の中にあったとき,彼は【+命令に】従わないことを欲さず,彼を載せるために送られてきた三段櫂船に乗り込んだ。

 

Hac Thurios in Italiam pervectus, multa secum reputans de immoderata civium suorum licentia crudelitateque erga nobiles, utillissimum ratus impendentem eritare tempestatem clam se ab custodibus subduxit et inde primum Elidem, dein Thebas venit.

この船によって彼はイタリアのトゥリイに送られ,自分の市民たちの制限のない身勝手さと卓越した人に関しての残酷さを何度も自身の中で省察し,自分に迫ってくる嵐を避けるのが最も良いと考え,密かに守衛たちのもとから抜け出し,そしてまずエリスへ,ついでテーバエに向かった。

 

Postquam autem se capitis damnatum bonis publicatis audivit et, id quod usu venerat, Eumolpidas sacerdotes a populo coactos, ut se decvoverent, eiusque devotionis, quo testatior esset memoria, exemplum in pila lapidea incisum esse positum in publico, Lacedaemonem demigravit.

しかし彼が自身において死刑の宣告を受け財産を国庫へ没収されたと聞くと,また,それ【=神官団が呪ったこと】は実際に起った【=前例のある】ことだが,彼を呪うように,エウモルピダイという神官たちが人々によって強制され,そしてこの行動【=以下で述べる石柱を立てる行為】によって記憶がより明確になるように,【+呪いの】写しが石柱に刻まれて公共の場に置かれたのを聞くと,ラケダイモンへと逃げた。

(capitis:罪状の属格,quo=ut eo)

 

Ibi, ut ipse praedicare consuerat, non adversus patriam, sed inimicos suos bellum gessit, qui eidem hostes essent civitati:

そこで,彼はいつも述べていた通り,祖国に敵対するではなく,彼の敵に対して,同じ者たちが国家の敵であるとして,戦いを行った:

(essent:間接引用の接続法副文)

 

nam cum intellegerent se plurimum prodesse posse rei publicae, ex ea eiecisse plusque irae suae quam utilitati communi paruisse.

すなわち彼が国家のために非常に役に立つことができるということを知っていながら,彼を追い出したこと,つまり公共の利益よりも自分たちの怒りにより従順になっていたということ。

 

Itaque huius consilio Lacedaemonii cum Perse rege amicitiam fecerunt, dein Deceleam in Attica munierunt praesidioque ibi perpetuo posito in obsidione Athenas tenuerunt;

そういうわけで彼の助言によってラケダイモン人たちはペルシア王と同盟を結び,次いでアッティカのデケレアを堡塁で囲み,そしてそこに常駐の守備隊を置き,アテナイを包囲戦の中に持ち込んだ;

 

eiusdem opera Ioniam a societate averterunt Atheniensium;

同じ者【=アルキビアデス】の力によって彼らはイオニアアテナイ人との同盟関係から離れさせた。

 

quo facto multo superiores bello esse coeperunt.

そしてそのために彼らは戦争において遥かに優位に立ち始めた。

 

4つ目の「その時」の件は原文を残そうとまどろっこしくしてますが,要するに「敵対者たちは彼が出発するその時を待とうと決めた」ということです。

各文に文法事項の注釈を入れることにしました。以前のにも何時か挿入します。

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.18 sq. (ラテン文もこれを使用)

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,47-8頁

 

Chapter5

 

Neque vero his rebus tam amici Alcibiadi sunt facti quam timore ab eo alienati.

しかしラケダイモン人たちはこれらの行為【「利益」でもいいかも】のためにアルキビアデスに対しての友好が生じさせられたというよりはむしろ,彼に対する恐れによってそれらが手離された。

(his rebus:内容は第4章の終わりを参照)

(alienati:amici Alcibiadi suntが省略され,factiと対になっているとしました)

 

Nam cum acerrimi viri praestantem prudentiam in omnibus rebus cognoscerent, pertimuerunt, ne caritate patriae ductus aliquando ab ipsis descisceret et cum suis in gratiam rediret.

すなわち最も透徹な男【=アルキビアデス】の注目すべき【=卓越した】あらゆる物事についての叡智を彼らが知ると,彼が祖国への愛情に導かれていつしか彼ら自身の元を離れ,そして彼のものたち【→アテナイ人】と友情の中に戻る【→和解する】のではないかと彼らは恐れたのである。

 

Itaque tempus eius interficiundi quaerere instituerunt.

それ故に,彼らは彼を殺す時【→好機】を伺い始めた。

 

Id Alcibiades diutius celari non potuit.

このことはアルキビアデスに対して,より長く隠されることはできなかった。

 

Erat enim ea sagacitate, ut decipi non posset, praesertim cum animum attendisset ad cavendum.

というのも,彼は直感力を持つ類の人であり,したがって,とりわけ彼が意識を警戒へと向けた時には,騙されることはできなかったのである。

 

Itaque ad Tissaphernem, praefectum regis Darii, se contulit.

それ故彼はダリウス王の地方長官,ティッサフェルネスの元へと赴いた。

 

Cuius cum in intimam amicitiam pervenisset et Atheniensium male gestis in Sicilia rebus opes senescere, contra Lacedaemoniorum crescere videret, initio cum Pisandro praetore, qui apud Samum exercitum habebat, per internuntios colloquitur et de reditu suo facit mentionem.

その者と最も親密な友情に達した後,また,シチリアにおけるアテナイ人の悪しき行動【=失敗】により力が弱まっていること,一方でラケダイモン人たちが強まっていることを見ると,彼はまずサムス島で軍隊を有していたピサンドロスと使者を通じて連絡を取り,彼の帰還【→アルキビアデスのアテナイへの帰還】についての可能性を示唆した。

(male gestis:完了受動分詞で訳すと「悪しく行動されたことにより」ですが,少しまどろっこしくなったので,派生語?の名詞gestusで取りました)

 

Erat enim eodem, quo Alcibiades, sensu, populi potentiae non amicus et optimatium fautor.

 なぜならばピサンドロスはアルキビアデスが持つものと同じ意見であり,民衆の権力の味方でなく貴族の支持者であった。。

(enim, eodem, quo, sensu:全部「性質の奪格(~をもった)」でいいのかな...?)

(amicus, fautor:どちらも繰り返しとなるため省略されたeratの目的語としました)

 

Ab hoc destitutus primum per Thrasybulum, Lyci filium, ab exercitu recipitur praetorque fit apud Samum;

彼はこの人には見捨てられたが,テュコスの息子トゥラシュブルムによって初めて軍隊に迎え入れられ,そしてサムス島に於いて指揮官に任命された。

(fit:歴史的事実としての現在形,facioの受動形故に,主格2つをとって「任命された」となる)

 

post suffragante Theramene populi scito restituitur parique absens imperio praeficitur simul cum Thrasybulo et Theramene.

テラメネスの支持以後,人民の決定により地位が回復され,不在のままトイラシュブルスやテラメネスと同じ権限の指揮官に任じられた。

 

 

Horum in imperio tanta commutatio rerum facta est, ut Lacedaemonii, qui paulo ante victores viguerant, perterriti pacem peterent.

彼の指揮権の中で大きな事態の変化が為され,少し前は勝利者たちとして勢いがあったラケダイモン人たちは脅かされ,講和を求めていた。

 

Victi enim erant quinque proeliis terrestribus, tribus navalibus, in quibus ducentas naves triremes amiserant, quae captae in hostium venerant potestatem.

すなわち彼ら(ラケダイモン人たち)は5つの陸戦と3つの海戦で勝利され,海戦では200隻の三段櫂船を喪失し,それらは捕らえられて敵の支配に陥ったのであった。

 

Alcibiades simul cum collegis receperat Ioniam, Hellespontum, multas praeterea urbes Graecas, quae in ora sitae sunt Asiae, quarum expugnarant complures, in his Byzantium, neque minus multas consilio ad amicitiam adiunxerant, quod in captos clementia fuerant usi.

アルキビアデスは同僚たちとともに,イオニア,ヘレスポントゥス,加えてアシア【=小アジア】の海岸にあった多くのギリシア都市を取り戻した;多数の都市を攻略したが―その中にビュザンティウムがあった―捕らえられたものへ寛容さが為されるべしという賢察を持って,劣らず多くの都市を修好同盟へと加盟させた。

 

Ita praeda onusti, locupletato exercitu, maximis rebus gestis Athenas venerunt.

このようにして彼らは戦利品によって重くされ,富んだ軍隊で,最大の戦功を以って,アテナイに帰還した。

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.19 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,48-9頁

 

Chapter6

 

His cum obviam universa civitas in Piraeum descendisset, tanta fuit omnium exspectatio visendi Alcibiadis, ut ad eius triremem vulgus conflueret, proinde ac si solus advenisset.

すべての市民が彼の元へ向かってピラエウス港へと下りた時,すべての人々のこれほどまでの期待はアルキビアデスが見に来られることであり,それ故民衆はあたかも彼一人が到着したかのように,彼の三段櫂船へ向かって殺到していた。

 

sic enim populo erat persuasum, et adversas superiores et praesentes secundas res accidisse eius opera.

なぜならば人々においては以下のように説得されたからである,【+すなわち】過去の不運も,現在の順境も,彼の働きから生じたことであると。

 

itaque et Siciliae amissum et Lacedaemoniorum victorias culpae suae tribuebant, quod talem virum e civitate expulissent.

したがって彼らはシキリアの損失もラケダイモン人たちの勝利も,そのような男を国から追い出したという理由で,その【=市民たちの】罪に帰していた。

 

neque id sine causa arbitrari videbantur.

それが理由なしに信じられるとは思われていなかった。

 

nam postquam exercitui praeesse coeperat, neque terra neque mari hostes pares esse potuerant.

なぜならば,アルキビアデスが軍隊の指揮をすることが始まって以来,陸でも海でも敵は互角であることができなかったからだ。

 

Hic ut e navi egressus est, quamquam Theramenes et Thrasybulus eisdem rebus praefuerant simulque venerant in Piraeum, tamen unum omnes illum prosequebantur, et, id quod numquam antea usu venerat nisi Olympiae victoribus, coronis aureis aeniisque vulgo donabatur.

この人【=アルキビアデス】が船から降りるや否や,テラメネスとトゥラシュブルスは同じもの【=戦い】を指揮し,共にピラエウス港に来たのであるが,それにもかかわらず,すべての人々は彼の人に随行しており,そして,そのこと【=冠が贈られたこと】はオリンピアの勝利者以外では,より以前には決して起こらなかったことだが,金と銅の冠を持って公然と贈られていた。

(写本においては"coronis laureis taeneiisque",すなわち「月桂樹と帯の冠」です;なんとなくこちらのほうがいい気がします。)

 

ille lacrumans talem benevolentiam civium suorum accipiebat reminiscens pristini temporis acerbitatem.

かつての辛辣を想起しつつも,彼の人は泣いて市民たちのこのような行為を受け取っていた。

 

Postquam astu venit, contione advocata sic verba fecit, ut nemo tam ferus fuerit, quin eius casui illacrumarit inimicumque iis se ostenderit, quorum opera patria pulsus fuerat, proinde ac si alius populus, non ille ipse, qui tum flebat, eum sacrilegii damnasset.

彼はアストゥについた後,民会に呼ばれ,次のように陳述を始めた;すると,彼の不幸に涙せず,人々-その働きによって彼が祖国から退去させられた-に敵愾心を露わにしないほど残酷なものは誰もおらず,【+そしてそれは】その時泣いてた人自身ではなく,あたかも他の人々が,彼に宗教冒涜の罪を帰したかのようであった。

 

restituta ergo huic sunt publice bona, eidemque illi Eumolpidae sacerdotes rursus resacrare sunt coacti, qui eum devoverant, pilaeque illae, in quibus devotio fuerat scripta, in mare praecipitatae.

したがって国庫からこの者に財産が返還され,かの司祭ら,エウモルピダエは彼を呪っていたが,元通り呪いを解くよう強いられ,そして呪いが刻まれていたその柱は海の中へ沈められた。

 

ネポスによるアルキビアデス伝第6章です。英雄として迎えられた彼と,その名誉回復が記載されています。ただし,"haec Alcibiadi laetitia non nimis fuit diuturna."「このアルキビアデスの喜びは大して長続きしなかった」のであった...(7章へ続く)

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.20 sq, 63sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,49-50頁

 

 

Chapter7

 

Haec Alcibiadi laetitia non nimis fuit diuturna.

このアルキビアデスの喜びは大して長期間のものではなかった。【→大して長続きしなかった】

 

Nam cum ei omnes essent honores decreti totaque res publica domi bellique tradita, ut unius arbitrio gereretur, et ipse postulasset, ut duo sibi collegae darentur, Thrasybulus et Adimantus, neque id negatum esset, classe in Asiam profectus, quod apud Cymen minus ex sententia rem gesserat, in invidiam recidit.

なぜならば,彼のためにあらゆる名誉が承認され,平時と戦時において全ての国事が彼一人の裁量によって行われるように託され,そして自身に2人の同僚-トゥラシュブルスとアディマントゥスが与えられるようにまさにその人が要求してそのことが拒否されなかった時,彼は艦隊を伴ってアシアへ出発し,【+しかし】キュメに於いて意図していたよりも少ない戦功を上げたという理由で,彼は再び憎悪へと落ちいった。

 

Nihil enim eum non efficere posse ducebant.

というのも,彼らは彼が遂行できないことは何もないと見なしていたからだ。

 

Ex quo fiebat, ut omnia minus prospere gesta culpae tribuerent, cum aut eum neglegenter aut malitiose fecisse loquerentur; sicut tum accidit.

そのようなことから,より不都合に生じさせられた全てのことを,人々は彼がぞんざいに,あるいは悪意を持って行動したと言いいながら【+彼の】過失に転嫁したということになり,この時もこのように生じたのである。

 

Nam corruptum a rege capere Cymen noluisse arguebant.

すなわち彼らは,彼が王【=ペルシア王】によって買収されたのでキュメを占領することを欲さなかったのだと非難したのだった。

 

Itaque huic maxime putamus malo fuisse nimiam opinionem ingenii atque virtutis.

それ故,この人にとって極めて悪かったのは,才能や加えて果断さの極端な期待であったと我々は見なすのである。

 

Timebatur enim non minus quam diligebatur, ne secunda fortuna magnisque opibus elatus tyrannidem concupisceret.

というのも,彼は愛されていたのに劣らず,幸運と多くの財産に驕って僭主政治を要求するのではないかと恐れられていたのである。

 

Quibus rebus factum est, ut absenti magistratum abrogarent et alium in eius locum substituerent.

このことによって,人々が不在者【=アルキビアデス】に対して職権を剥奪し,他の者を彼の地位へ後代わりに置くということが為された。

 

Id ille ut audivit, domum reverti noluit et se Pactyen contulit ibique tria castella communiit, Ornos, Bisanthen, Neontichos, manuque collecta primus Graecae civitatis in Thraeciam introiit, gloriosius existimans barbarum praeda locupletari quam Graiorum.

彼の人はそのことを耳にするや否や,本国へ引き返すことを欲さず,パクトゥエーへ向かい,そこでオルニ,ビザンテ,ネオンティコスの3つの砦を固め,ギリシア人よりも夷狄の略奪品を以って富まされることをより名誉あるものと判断し,集められた手勢によって,ギリシアの市民で初めてトラキアの間に入った【→侵入した】。

 

Qua ex re creverat cum fama tum opibus magnamque amicitiam sibi cum quibusdam regibus Thraeciae pepererat.

このおかげで,彼は名声と同様に財産においても力をつけ,トラキアの数名の王たちとの多大なる同盟関係を獲得したのであった。

 

Neque tamen a caritate patriae potuit recedere.

しかし彼は祖国に対しての愛情を捨てることができなかった。

 

 

またしても雲行きが怪しくなっています。キュメでは海戦で敗北したようですが,クセノフォン(Hellenica, 1.5)によるとさほど大したものではなかったようで(しかも彼はその戦闘には不在でした),完全に全能者としての評判が独り歩きしてしまった結果でしょうか...

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.21 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,50-51頁

 

Chapter8

 

Nam cum apud Aegos flumen Philocles, praetor Atheniensium, classem constituisset suam neque longe abesset Lysander, praetor Lacedaemoniorum, qui in eo erat occupatus, ut bellum quam diutissime duceret, quod ipsis pecunia a rege suppeditabatur, contra Atheniensibus exhaustis praeter arma et navis nihil erat super, Alcibiades ad exercitum venit Atheniensium ibique praesente vulgo agere coepit:

一方,アテナイ人の総帥フィロクレスがアエゴス川の近くに彼の艦隊を駐屯させていた時,ラケダイモン人たちの総帥リュサンデルは,遠くは離れていないところにいて,自らにおいては王から資金を与えられていたが,逆にアテナイ人においては底をつき,武器と船を覗いて何も残っていなかったという理由で戦争をできる限り長く引き延ばすことに忙殺されており,アルキビアデスはアテナイ人の部隊を訪れ,そこで目下の兵士たちに対して訴え始めた:

 

si vellent, se coacturum Lysandrum dimicare aut pacem petere spondit;

アルキビアデスは,彼ら(兵士たち)が望むなら,戦うか或いは和平を要求するか,リュサンデル自身に対して何れかを強いることを【以下のようにして】約束した;

 

Lacedaemonios eo nolle classe confligere, quod pedestribus copiis plus quam navibus valerent:

「海軍においてよりも陸上の軍においてより力があるという理由で,ラケダイモン人たちは艦隊を以って戦うことを欲しない:

 

sibi autem esse facile Seuthem, regem Thraecum, deducere, ut eum terra depelleret;

だが,私にとってはリュサンデルを陸から追い出すためにトラキア人の王セルテスを導き入れることは容易である;

 

quo facto necessario aut classe conflicturum aut bellum compositurum.

それが為されることによって,彼らはやむなく艦隊を以って戦うか,戦争を調停するだろう。」と。

 

Id etsi vere dictum Philocles animadvertebat, tamen postulata facere noluit, quod sentiebat se Alcibiade recepto nullius momenti apud exercitum futurum et, si quid secundi evenisset, nullam in ea re suam partem fore, contra ea, si quid adversi accidisset, se unum eius delicti futurum reum.

フィロクレスはそのことが正しく述べられたことに気づいていたが,それにも関わらず,要求を実行することを望まなかった;というのも,アルキビアデスが受け入れられたら,自身においては軍隊における影響力を全くして失い,そしてもし何らかの好都合なことが起こっても,そのことに対してその一端を担うことは決してないだろうし,それと逆に何らかの不都合なことが起こると,自分一人でアルキビアデスの過失に対して責任があるだろうと自ら判断していたからだ。

 

Ab hoc discedens Alcibiades `Quoniam' inquit `victoriae patriae repugnas, illud moneo, ne iuxta hostem castra habeas nautica: periculum est enim, ne immodestia militum vestrorum occasio detur Lysandro vestri opprimendi exercitus'.

この人【=フィロクレス】の元を去りつつ,アルキビアデスは述べた;「君が祖国の勝利にこうしているのであるから,私は海軍の陣営を敵のすぐ知覚に留めおくことなかれと警告しておこう:なぜなら君たちの兵士たちの放縦によって,君たちの軍隊が屈服させられるであろう好機がリュサンデルに与えられる危険があるからだ。」

 

Neque ea res illum fefellit.

そしてその事態は彼を裏切らなかった。

 

Nam Lysander cum per speculatores comperisset vulgum Atheniensium in terram praedatum exisse navesque paene inanes relictas, tempus rei gerendae non dimisit eoque impetu bellum totum delevit.

すなわちリュサンデルは,アテナイ人の兵士たちが略奪するために地上に上がっていたことを,殆どからの船が残されているという確報を斥候を通じて受けると,実行されるべきことの時を逸せず,その襲撃によって戦争自体を全くして終わらせたのである。

 

 

最後更新したのいつだったっけな...

ペロポネソス戦争末期,アテナイの敗北のことが描かれています。ここでは嫉妬心に踊らされた将軍が,アテナイ随一の名将の助言を無視したため戦争に敗れたという文脈になってますね。トゥキュディデスとかの該当部分もいずれ読んでみたいです。

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.22 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,51-52頁

 

Chapter9

 

At Alcibiades, victis Atheniensibus non satis tuta eadem loca sibi arbitrans, penitus in Thraeciam se supra Propontidem abdidit, sperans ibi facillime suam fortunam occuli posse.

それに対してアルキビアデスは,アテナイ人たちが敗北したことによって同じ場所が自分にとって十分には安全でないと判断し,プロポンティスを越えてトラキア内地へと逃れた(そこに彼の財産を隠されて持つことが最も容易だと期待してのことである)。

 

Falso.

誤りであった。

 

Nam Thraeces, postquam eum cum magna pecunia venisse senserunt, insidias fecerunt;

なぜならば,トラキア人が,アルキビアデスが膨大な財産とともに来たことに気づくと,待ち伏せを行ったからだ;

 

qui ea, quae apportarat, abstulerunt, ipsum capere non potuerunt.

彼らは彼が携えていたものを奪い去り,【しかし】彼自身を捕らえることはできなかった。

 

Ille cernens nullum locum sibi tutum in Graecia propter potentiam Lacedaemoniorum, ad Pharnabazum in Asiam transiit;

彼の人【アルキビアデス】は,ラケダイモン人たちの支配権故に,ギリシアにおいて彼にとっての安全な場所はないと判断し,パルナバズスの元へ小アジアへと渡った;

 

quem quidem adeo sua cepit humanitate, ut eum nemo in amicitia antecederet.

アルキビアデスはこの人をその人間性を持って魅了し,誰も彼を友情において上まらないほどであった。

 

Namque ei Grynium dederat, in Phrygia castrum, ex quo quinquagena talenta vectigalis capiebat.

確かにパルナバズスは彼にフリュギアの城市グリュニウムを与え,そこから彼は貢納の50タレントゥムを得ていた。

 

 

Qua fortuna Alcibiades non erat contentus neque Athenas victas Lacedaemoniis servire poterat pati.

その境遇によってアルキビアデスは満足させられず,また,アテナイ人がラケダイモン人たちに勝利され隷属していることを許すことができなかった。

 

Itaque ad patriam liberandam omni ferebatur cogitatione.

それ故,彼は祖国が解放されるようなあらゆる思考に駆り立てられていた。

 

Sed videbat id sine rege Perse non posse fieri ideoque eum amicum sibi cupiebat adiungi neque dubitabat facile se consecuturum, si modo eius conveniundi habuisset potestatem.

しかしそれはペルシア王【+の助力】なしには実行されることができないのが明らかになり,それ故,そのことに対して友好的な彼【=王】が与されることを熱望し,そしてもし彼が会見される機会を持ちさえすれば,それ自体が容易に帰結されることを疑わなかった。

 

Nam Cyrum fratrem ei bellum clam parare Lacedaemoniis adiuvantibus sciebat:

というのも,王の弟のキュルスがラケダイモン人たちの助けによって密かに彼に対してに戦いを準備していることを知っていたからだ:

 

id si aperuisset, magnam se initurum gratiam videbat.

もしそのことを明らかにすれば,自身が多大な寵を得るあろうと彼は考えた。

 

 

戦後小アジアに逃れたアルキビアデスはどうしていたのかが書かれています。誰とでも友好的な関係を築ける人物とのことで,平穏に暮らそうと思えばいくらでもそうできる人だったのですね。ところが...

(ちなみにキュルスの反乱は失敗したそうです)

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.23 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,52-53頁

 

 

Chapter10以降はしばしお待ち下さい。