読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium"

 Hoc crimine in contione ab inimicis compellabatur.

この告発によって彼は民会において敵対者によって訴えられた。

 

sed instabat tempus ad bellum proficiscendi.

だが戦争へと旅立つ時が迫っていた。

 

Id ille intuens neque ignorans civium suorum consuetudinem postulabat, si quid de se agi vellent, potius de praesente quaestio haberetur, quam absens invidiae crimine accusaretur.

彼はそのことを考慮し,そこ【=アテナイ】の市民たちの風習についても無知でなかったので,もし彼自身【=アルキビアデス】が訴えられることを彼ら【=アテナイ市民】が望むなら,嫉妬の告発を不在中ではなく,むしろ自分がいる間に審問が挙行されるように要求した。

 

animici vero eius quiescendum in praesenti, quia noceri non posse intellegebant, et illud tempus exspectandum decreverunt, quo exisset, ut absentem aggrederentur;

しかし彼の敵対者は,彼に害を為すことができないとみなしたため,目下静観しようとし,そして,彼が不在の時に攻撃するために,その時ーそこにおいて彼が出発したーが待たれることを決定した;

 

itaque fecerunt.

そしてそのように実行した。

 

Nam postquam in Siciliam eum pervenisse crediderunt, absentem, quod sacra violasset, reum fecerunt.

すなわち彼らは,彼がシチリアに至ったと考えた時,不在者を,神聖な事柄を冒涜したという理由で,有罪と為したのである。

 

Qua de re cum ei nuntius a magistratu in Siciliam missus esset, ut domum ad causam discendam rediret, esset que in magna spe provinciae bene administrandae, non parere noluit et in trierem, quae ad eum erat deportandum missa, ascendit.

この事柄によって,経られるであろう訴訟のために本国へ戻るようにと,行政長官からシチリアにいる彼に使者が送られ,【+一方で】また,彼が担当領域がよく統治される大きな希望の中にあったとき,彼は【+命令に】従わないことを欲さず,彼を載せるために送られてきた三段櫂船に乗り込んだ。

 

Hac Thurios in Italiam pervectus, multa secum reputans de immoderata civium suorum licentia crudelitateque erga nobiles, utillissimum ratus impendentem eritare tempestatem clam se ab custodibus subduxit et inde primum Elidem, dein Thebas venit.

この船によって彼はイタリアのトゥリイに送られ,自分の市民たちの制限のない身勝手さと卓越した人に関しての残酷さを何度も自身の中で省察し,自分に迫ってくる嵐を避けるのが最も良いと考え,密かに守衛たちのもとから抜け出し,そしてまずエリスへ,ついでテーバエに向かった。

 

Postquam autem se capitis damnatum bonis publicatis audivit et, id quod usu venerat, Eumolpidas sacerdotes a populo coactos, ut se decvoverent, eiusque devotionis, quo testatior esset memoria, exemplum in pila lapidea incisum esse positum in publico, Lacedaemonem demigravit.

しかし彼が自身において死刑の宣告を受け財産を国庫へ没収されたと聞くと,また,それ【=神官団が呪ったこと】は実際に起った【=前例のある】ことだが,彼を呪うように,エウモルピダイという神官たちが人々によって強制され,そしてこの行動【=以下で述べる石柱を立てる行為】によって記憶がより明確になるように,【+呪いの】写しが石柱に刻まれて公共の場に置かれたのを聞くと,ラケダイモンへと逃げた。

(capitis:罪状の属格,quo=ut eo)

 

Ibi, ut ipse praedicare consuerat, non adversus patriam, sed inimicos suos bellum gessit, qui eidem hostes essent civitati:

そこで,彼はいつも述べていた通り,祖国に敵対するではなく,彼の敵に対して,同じ者たちが国家の敵であるとして,戦いを行った:

(essent:間接引用の接続法副文)

 

nam cum intellegerent se plurimum prodesse posse rei publicae, ex ea eiecisse plusque irae suae quam utilitati communi paruisse.

すなわち彼が国家のために非常に役に立つことができるということを知っていながら,彼を追い出したこと,つまり公共の利益よりも自分たちの怒りにより従順になっていたということ。

 

Itaque huius consilio Lacedaemonii cum Perse rege amicitiam fecerunt, dein Deceleam in Attica munierunt praesidioque ibi perpetuo posito in obsidione Athenas tenuerunt;

そういうわけで彼の助言によってラケダイモン人たちはペルシア王と同盟を結び,次いでアッティカのデケレアを堡塁で囲み,そしてそこに常駐の守備隊を置き,アテナイを包囲戦の中に持ち込んだ;

 

 

eiusdem opera Ioniam a societate averterunt Atheniensium;

同じ者【=アルキビアデス】の力によって彼らはイオニアをアテナイ人との同盟関係から離れさせた。

 

quo facto multo superiores bello esse coeperunt.

そしてそのために彼らは戦争において遥かに優位に立ち始めた。

 

4つ目の「その時」の件は原文を残そうとまどろっこしくしてますが,要するに「敵対者たちは彼が出発するその時を待とうと決めた」ということです。

各文に文法事項の注釈を入れることにしました。以前のにも何時か挿入します。

 

かなり期間が空きました。今回の部分は予習せずに講義に挑んだ部分なので,自分の訳ができておらず一から訳し直してたんですね...ついでにここ1~2週間多忙だったので...

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.18 sq. (ラテン文もこれを使用)

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,47-8頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第5章

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第6章

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus