読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

Neque vero his rebus tam amici Alcibiadi sunt facti quam timore ab eo alienati.

しかしラケダイモン人たちはこれらの行為【「利益」でもいいかも】のためにアルキビアデスに対しての友好が生じさせられたというよりはむしろ,彼に対する恐れによってそれらが手離された。

(his rebus:内容は第4章の終わりを参照)

(alienati:amici Alcibiadi suntが省略され,factiと対になっているとしました)

 

Nam cum acerrimi viri praestantem prudentiam in omnibus rebus cognoscerent, pertimuerunt, ne caritate patriae ductus aliquando ab ipsis descisceret et cum suis in gratiam rediret.

すなわち最も透徹な男【=アルキビアデス】の注目すべき【=卓越した】あらゆる物事についての叡智を彼らが知ると,彼が祖国への愛情に導かれていつしか彼ら自身の元を離れ,そして彼のものたち【→アテナイ人】と友情の中に戻る【→和解する】のではないかと彼らは恐れたのである。

 

Itaque tempus eius interficiundi quaerere instituerunt.

それ故に,彼らは彼を殺す時【→好機】を伺い始めた。

 

Id Alcibiades diutius celari non potuit.

このことはアルキビアデスに対して,より長く隠されることはできなかった。

 

Erat enim ea sagacitate, ut decipi non posset, praesertim cum animum attendisset ad cavendum.

というのも,彼は直感力を持つ類の人であり,したがって,とりわけ彼が意識を警戒へと向けた時には,騙されることはできなかったのである。

 

Itaque ad Tissaphernem, praefectum regis Darii, se contulit.

それ故彼はダリウス王の地方長官,ティッサフェルネスの元へと赴いた。

 

Cuius cum in intimam amicitiam pervenisset et Atheniensium male gestis in Sicilia rebus opes senescere, contra Lacedaemoniorum crescere videret, initio cum Pisandro praetore, qui apud Samum exercitum habebat, per internuntios colloquitur et de reditu suo facit mentionem.

その者と最も親密な友情に達した後,また,シチリアにおけるアテナイ人の悪しき行動【=失敗】により力が弱まっていること,一方でラケダイモン人たちが強まっていることを見ると,彼はまずサムス島で軍隊を有していたピサンドロスと使者を通じて連絡を取り,彼の帰還【→アルキビアデスのアテナイへの帰還】についての可能性を示唆した。

(male gestis:完了受動分詞で訳すと「悪しく行動されたことにより」ですが,少しまどろっこしくなったので,派生語?の名詞gestusで取りました)

 

Erat enim eodem, quo Alcibiades, sensu, populi potentiae non amicus et optimatium fautor.

 なぜならばピサンドロスはアルキビアデスが持つものと同じ意見であり,民衆の権力の味方でなく貴族の支持者であった。。

(enim, eodem, quo, sensu:全部「性質の奪格(~をもった)」でいいのかな...?)

(amicus, fautor:どちらも繰り返しとなるため省略されたeratの目的語としました)

 

Ab hoc destitutus primum per Thrasybulum, Lyci filium, ab exercitu recipitur praetorque fit apud Samum;

彼はこの人には見捨てられたが,テュコスの息子トゥラシュブルムによって初めて軍隊に迎え入れられ,そしてサムス島に於いて指揮官に任命された。

(fit:歴史的事実としての現在形,facioの受動形故に,主格2つをとって「任命された」となる)

 

post suffragante Theramene populi scito restituitur parique absens imperio praeficitur simul cum Thrasybulo et Theramene.

テラメネスの支持以後,人民の決定により地位が回復され,不在のままトイラシュブルスやテラメネスと同じ権限の指揮官に任じられた。

 

 

Horum in imperio tanta commutatio rerum facta est, ut Lacedaemonii, qui paulo ante victores viguerant, perterriti pacem peterent.

彼の指揮権の中で大きな事態の変化が為され,少し前は勝利者たちとして勢いがあったラケダイモン人たちは脅かされ,講和を求めていた。

 

Victi enim erant quinque proeliis terrestribus, tribus navalibus, in quibus ducentas naves triremes amiserant, quae captae in hostium venerant potestatem.

すなわち彼ら(ラケダイモン人たち)は5つの陸戦と3つの海戦で勝利され,海戦では200隻の三段櫂船を喪失し,それらは捕らえられて敵の支配に陥ったのであった。

 

Alcibiades simul cum collegis receperat Ioniam, Hellespontum, multas praeterea urbes Graecas, quae in ora sitae sunt Asiae, quarum expugnarant complures, in his Byzantium, neque minus multas consilio ad amicitiam adiunxerant, quod in captos clementia fuerant usi.

アルキビアデスは同僚たちとともに,イオニア,ヘレスポントゥス,加えてアシア【=小アジア】の海岸にあった多くのギリシア都市を取り戻した;多数の都市を攻略したが―その中にビュザンティウムがあった―捕らえられたものへ寛容さが為されるべしという賢察を持って,劣らず多くの都市を修好同盟へと加盟させた。

 

Ita praeda onusti, locupletato exercitu, maximis rebus gestis Athenas venerunt.

このようにして彼らは戦利品によって重くされ,富んだ軍隊で,最大の戦功を以って,アテナイに帰還した。

 

 

長かったです。

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.19 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,48-9頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第4章

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium" - scriniarius Togawanus

第6章

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus