読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

His cum obviam universa civitas in Piraeum descendisset, tanta fuit omnium exspectatio visendi Alcibiadis, ut ad eius triremem vulgus conflueret, proinde ac si solus advenisset.

すべての市民が彼の元へ向かってピラエウス港へと下りた時,すべての人々のこれほどまでの期待はアルキビアデスが見に来られることであり,それ故民衆はあたかも彼一人が到着したかのように,彼の三段櫂船へ向かって殺到していた。

 

sic enim populo erat persuasum, et adversas superiores et praesentes secundas res accidisse eius opera.

なぜならば人々においては以下のように説得されたからである,【+すなわち】過去の不運も,現在の順境も,彼の働きから生じたことであると。

 

itaque et Siciliae amissum et Lacedaemoniorum victorias culpae suae tribuebant, quod talem virum e civitate expulissent.

したがって彼らはシキリアの損失もラケダイモン人たちの勝利も,そのような男を国から追い出したという理由で,その【=市民たちの】罪に帰していた。

 

neque id sine causa arbitrari videbantur.

それが理由なしに信じられるとは思われていなかった。

 

nam postquam exercitui praeesse coeperat, neque terra neque mari hostes pares esse potuerant.

なぜならば,アルキビアデスが軍隊の指揮をすることが始まって以来,陸でも海でも敵は互角であることができなかったからだ。

 

Hic ut e navi egressus est, quamquam Theramenes et Thrasybulus eisdem rebus praefuerant simulque venerant in Piraeum, tamen unum omnes illum prosequebantur, et, id quod numquam antea usu venerat nisi Olympiae victoribus, coronis aureis aeniisque vulgo donabatur.

この人【=アルキビアデス】が船から降りるや否や,テラメネスとトゥラシュブルスは同じもの【=戦い】を指揮し,共にピラエウス港に来たのであるが,それにもかかわらず,すべての人々は彼の人に随行しており,そして,そのこと【=冠が贈られたこと】はオリンピアの勝利者以外では,より以前には決して起こらなかったことだが,金と銅の冠を持って公然と贈られていた。

(写本においては"coronis laureis taeneiisque",すなわち「月桂樹と帯の冠」です;なんとなくこちらのほうがいい気がします。)

 

ille lacrumans talem benevolentiam civium suorum accipiebat reminiscens pristini temporis acerbitatem.

かつての辛辣を想起しつつも,彼の人は泣いて市民たちのこのような行為を受け取っていた。

 

Postquam astu venit, contione advocata sic verba fecit, ut nemo tam ferus fuerit, quin eius casui illacrumarit inimicumque iis se ostenderit, quorum opera patria pulsus fuerat, proinde ac si alius populus, non ille ipse, qui tum flebat, eum sacrilegii damnasset.

彼はアストゥについた後,民会に呼ばれ,次のように陳述を始めた;すると,彼の不幸に涙せず,人々-その働きによって彼が祖国から退去させられた-に敵愾心を露わにしないほど残酷なものは誰もおらず,【+そしてそれは】その時泣いてた人自身ではなく,あたかも他の人々が,彼に宗教冒涜の罪を帰したかのようであった。

 

restituta ergo huic sunt publice bona, eidemque illi Eumolpidae sacerdotes rursus resacrare sunt coacti, qui eum devoverant, pilaeque illae, in quibus devotio fuerat scripta, in mare praecipitatae.

したがって国庫からこの者に財産が返還され,かの司祭ら,エウモルピダエは彼を呪っていたが,元通り呪いを解くよう強いられ,そして呪いが刻まれていたその柱は海の中へ沈められた。

 

ネポスによるアルキビアデス伝第6章です。英雄として迎えられた彼と,その名誉回復が記載されています。ただし,"haec Alcibiadi laetitia non nimis fuit diuturna."「このアルキビアデスの喜びは大して長続きしなかった」のであった...(7章へ続く)

 

どこかでネポスの『英雄伝』についてまとめて書きたいですが,いまいちブログ形式だとどう配置したらいいか悩みどころ。

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.20 sq, 63sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,49-50頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第4章

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium" - scriniarius Togawanus

第5章

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus