読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 7) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

Haec Alcibiadi laetitia non nimis fuit diuturna.

このアルキビアデスの喜びは大して長期間のものではなかった。【→大して長続きしなかった】

 

Nam cum ei omnes essent honores decreti totaque res publica domi bellique tradita, ut unius arbitrio gereretur, et ipse postulasset, ut duo sibi collegae darentur, Thrasybulus et Adimantus, neque id negatum esset, classe in Asiam profectus, quod apud Cymen minus ex sententia rem gesserat, in invidiam recidit.

なぜならば,彼のためにあらゆる名誉が承認され,平時と戦時において全ての国事が彼一人の裁量によって行われるように託され,そして自身に2人の同僚-トゥラシュブルスとアディマントゥスが与えられるようにまさにその人が要求してそのことが拒否されなかった時,彼は艦隊を伴ってアシアへ出発し,【+しかし】キュメに於いて意図していたよりも少ない戦功を上げたという理由で,彼は再び憎悪へと落ちいった。

 

Nihil enim eum non efficere posse ducebant.

というのも,彼らは彼が遂行できないことは何もないと見なしていたからだ。

 

Ex quo fiebat, ut omnia minus prospere gesta culpae tribuerent, cum aut eum neglegenter aut malitiose fecisse loquerentur; sicut tum accidit.

そのようなことから,より不都合に生じさせられた全てのことを,人々は彼がぞんざいに,あるいは悪意を持って行動したと言いいながら【+彼の】過失に転嫁したということになり,この時もこのように生じたのである。

 

Nam corruptum a rege capere Cymen noluisse arguebant.

すなわち彼らは,彼が王【=ペルシア王】によって買収されたのでキュメを占領することを欲さなかったのだと非難したのだった。

 

Itaque huic maxime putamus malo fuisse nimiam opinionem ingenii atque virtutis.

それ故,この人にとって極めて悪かったのは,才能や加えて果断さの極端な期待であったと我々は見なすのである。

 

Timebatur enim non minus quam diligebatur, ne secunda fortuna magnisque opibus elatus tyrannidem concupisceret.

というのも,彼は愛されていたのに劣らず,幸運と多くの財産に驕って僭主政治を要求するのではないかと恐れられていたのである。

 

Quibus rebus factum est, ut absenti magistratum abrogarent et alium in eius locum substituerent.

このことによって,人々が不在者【=アルキビアデス】に対して職権を剥奪し,他の者を彼の地位へ後代わりに置くということが為された。

 

Id ille ut audivit, domum reverti noluit et se Pactyen contulit ibique tria castella communiit, Ornos, Bisanthen, Neontichos, manuque collecta primus Graecae civitatis in Thraeciam introiit, gloriosius existimans barbarum praeda locupletari quam Graiorum.

彼の人はそのことを耳にするや否や,本国へ引き返すことを欲さず,パクトゥエーへ向かい,そこでオルニ,ビザンテ,ネオンティコスの3つの砦を固め,ギリシア人よりも夷狄の略奪品を以って富まされることをより名誉あるものと判断し,集められた手勢によって,ギリシアの市民で初めてトラキアの間に入った【→侵入した】。

 

Qua ex re creverat cum fama tum opibus magnamque amicitiam sibi cum quibusdam regibus Thraeciae pepererat.

このおかげで,彼は名声と同様に財産においても力をつけ,トラキアの数名の王たちとの多大なる同盟関係を獲得したのであった。

 

Neque tamen a caritate patriae potuit recedere.

しかし彼は祖国に対しての愛情を捨てることができなかった。

 

 

ネポス『英雄伝』からアルキビアデス伝の第7章です。またしても雲行きが怪しくなっています。キュメでは海戦で敗北したようですが,クセノフォン(Hellenica, 1.5)によるとさほど大したものではなかったようで(しかも彼はその戦闘には不在でした),完全に全能者としての評判が独り歩きしてしまった結果でしょうか...

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.21 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,50-51頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第4章

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium" - scriniarius Togawanus

第5章

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第6章

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus