読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 8) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

Nam cum apud Aegos flumen Philocles, praetor Atheniensium, classem constituisset suam neque longe abesset Lysander, praetor Lacedaemoniorum, qui in eo erat occupatus, ut bellum quam diutissime duceret, quod ipsis pecunia a rege suppeditabatur, contra Atheniensibus exhaustis praeter arma et navis nihil erat super, Alcibiades ad exercitum venit Atheniensium ibique praesente vulgo agere coepit:

一方,アテナイ人の総帥フィロクレスがアエゴス川の近くに彼の艦隊を駐屯させていた時,ラケダイモン人たちの総帥リュサンデルは,遠くは離れていないところにいて,自らにおいては王から資金を与えられていたが,逆にアテナイ人においては底をつき,武器と船を覗いて何も残っていなかったという理由で戦争をできる限り長く引き延ばすことに忙殺されており,アルキビアデスはアテナイ人の部隊を訪れ,そこで目下の兵士たちに対して訴え始めた:

 

si vellent, se coacturum Lysandrum dimicare aut pacem petere spondit;

アルキビアデスは,彼ら(兵士たち)が望むなら,戦うか或いは和平を要求するか,リュサンデル自身に対して何れかを強いることを【以下のようにして】約束した;

 

Lacedaemonios eo nolle classe confligere, quod pedestribus copiis plus quam navibus valerent:

「海軍においてよりも陸上の軍においてより力があるという理由で,ラケダイモン人たちは艦隊を以って戦うことを欲しない:

 

sibi autem esse facile Seuthem, regem Thraecum, deducere, ut eum terra depelleret;

だが,私にとってはリュサンデルを陸から追い出すためにトラキア人の王セルテスを導き入れることは容易である;

 

quo facto necessario aut classe conflicturum aut bellum compositurum.

それが為されることによって,彼らはやむなく艦隊を以って戦うか,戦争を調停するだろう。」と。

 

Id etsi vere dictum Philocles animadvertebat, tamen postulata facere noluit, quod sentiebat se Alcibiade recepto nullius momenti apud exercitum futurum et, si quid secundi evenisset, nullam in ea re suam partem fore, contra ea, si quid adversi accidisset, se unum eius delicti futurum reum.

フィロクレスはそのことが正しく述べられたことに気づいていたが,それにも関わらず,要求を実行することを望まなかった;というのも,アルキビアデスが受け入れられたら,自身においては軍隊における影響力を全くして失い,そしてもし何らかの好都合なことが起こっても,そのことに対してその一端を担うことは決してないだろうし,それと逆に何らかの不都合なことが起こると,自分一人でアルキビアデスの過失に対して責任があるだろうと自ら判断していたからだ。

 

Ab hoc discedens Alcibiades `Quoniam' inquit `victoriae patriae repugnas, illud moneo, ne iuxta hostem castra habeas nautica: periculum est enim, ne immodestia militum vestrorum occasio detur Lysandro vestri opprimendi exercitus'.

この人【=フィロクレス】の元を去りつつ,アルキビアデスは述べた;「君が祖国の勝利にこうしているのであるから,私は海軍の陣営を敵のすぐ知覚に留めおくことなかれと警告しておこう:なぜなら君たちの兵士たちの放縦によって,君たちの軍隊が屈服させられるであろう好機がリュサンデルに与えられる危険があるからだ。」

 

Neque ea res illum fefellit.

そしてその事態は彼を裏切らなかった。

 

Nam Lysander cum per speculatores comperisset vulgum Atheniensium in terram praedatum exisse navesque paene inanes relictas, tempus rei gerendae non dimisit eoque impetu bellum totum delevit.

すなわちリュサンデルは,アテナイ人の兵士たちが略奪するために地上に上がっていたことを,殆どからの船が残されているという確報を斥候を通じて受けると,実行されるべきことの時を逸せず,その襲撃によって戦争自体を全くして終わらせたのである。

 

 

最後更新したのいつだったっけな...

ペロポネソス戦争末期,アテナイの敗北のことが描かれています。ここでは嫉妬心に踊らされた将軍が,アテナイ随一の名将の助言を無視したため戦争に敗れたという文脈になってますね。トゥキュディデスとかの該当部分もいずれ読んでみたいです。

 

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.22 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,51-52頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第4章

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium" - scriniarius Togawanus

第5章

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第6章

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

 

第7章

Alcibiades (Chap. 7) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus