読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

Alcibiades (Chap. 9) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium"

At Alcibiades, victis Atheniensibus non satis tuta eadem loca sibi arbitrans, penitus in Thraeciam se supra Propontidem abdidit, sperans ibi facillime suam fortunam occuli posse.

それに対してアルキビアデスは,アテナイ人たちが敗北したことによって同じ場所が自分にとって十分には安全でないと判断し,プロポンティスを越えてトラキア内地へと逃れた(そこに彼の財産を隠されて持つことが最も容易だと期待してのことである)。

 

Falso.

誤りであった。

 

Nam Thraeces, postquam eum cum magna pecunia venisse senserunt, insidias fecerunt;

なぜならば,トラキア人が,アルキビアデスが膨大な財産とともに来たことに気づくと,待ち伏せを行ったからだ;

 

qui ea, quae apportarat, abstulerunt, ipsum capere non potuerunt.

彼らは彼が携えていたものを奪い去り,【しかし】彼自身を捕らえることはできなかった。

 

Ille cernens nullum locum sibi tutum in Graecia propter potentiam Lacedaemoniorum, ad Pharnabazum in Asiam transiit;

彼の人【アルキビアデス】は,ラケダイモン人たちの支配権故に,ギリシアにおいて彼にとっての安全な場所はないと判断し,パルナバズスの元へ小アジアへと渡った;

 

quem quidem adeo sua cepit humanitate, ut eum nemo in amicitia antecederet.

アルキビアデスはこの人をその人間性を持って魅了し,誰も彼を友情において上まらないほどであった。

 

Namque ei Grynium dederat, in Phrygia castrum, ex quo quinquagena talenta vectigalis capiebat.

確かにパルナバズスは彼にフリュギアの城市グリュニウムを与え,そこから彼は貢納の50タレントゥムを得ていた。

 

 

Qua fortuna Alcibiades non erat contentus neque Athenas victas Lacedaemoniis servire poterat pati.

その境遇によってアルキビアデスは満足させられず,また,アテナイ人がラケダイモン人たちに勝利され隷属していることを許すことができなかった。

 

Itaque ad patriam liberandam omni ferebatur cogitatione.

それ故,彼は祖国が解放されるようなあらゆる思考に駆り立てられていた。

 

Sed videbat id sine rege Perse non posse fieri ideoque eum amicum sibi cupiebat adiungi neque dubitabat facile se consecuturum, si modo eius conveniundi habuisset potestatem.

しかしそれはペルシア王【+の助力】なしには実行されることができないのが明らかになり,それ故,そのことに対して友好的な彼【=王】が与されることを熱望し,そしてもし彼が会見される機会を持ちさえすれば,それ自体が容易に帰結されることを疑わなかった。

 

Nam Cyrum fratrem ei bellum clam parare Lacedaemoniis adiuvantibus sciebat:

というのも,王の弟のキュルスがラケダイモン人たちの助けによって密かに彼に対してに戦いを準備していることを知っていたからだ:

 

id si aperuisset, magnam se initurum gratiam videbat.

もしそのことを明らかにすれば,自身が多大な寵を得るあろうと彼は考えた。

 

 

戦後小アジアに逃れたアルキビアデスの件です。誰とでも友好的な関係を築ける人物とのことで,平穏に暮らそうと思えばいくらでもそうできる人だったのですね。ところが...

(ちなみにキュルスの反乱は失敗したそうです)

 

【参考文献】

Roebuck, R. (ed.) (1987) Nepos: Three Lives, Bristol Classical Press, p.23 sq. 

上村健二,山下太郎訳(1995)『英雄伝』,国文社,52-53頁

 

第1章

Alcibiades (Chap. 1) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第2章

Alcibiades (Chap. 2) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第3章

Alcibiades (Chap. 3) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第4章

Alcibiades (Chap. 4) in Nepos "De Excellentibus Ducibus Exterarum Gentium" - scriniarius Togawanus

第5章

Alcibiades (Chap. 5) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

第6章

Alcibiades (Chap. 6) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

 

第7章

Alcibiades (Chap. 7) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus

 

第8章

Alcibiades (Chap. 8) in Nepos "De excellentibus ducibus exterarum gentium" - scriniarius Togawanus