読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

ユスティニアヌス『法学提要』第2巻 (Institutiones Iustiniani, Liber Secundus)

今年のゼミはユスティニアヌスの『法学提要』第2巻の講読(と以前の法学者著作との比較を通じた法学思想の研究)を行っていますので,少しずつ更新していきます。ありがたい事にラテン語の精読に重きを置いて頂いていますが,逆に第2巻をまるごと読み切るというわけではないということで,最後の方は頑張って訳したとしても,ゼミでの検討を経ていない拙訳となってしまいますね…

 

ちなみに邦訳が出版されたのは大正時代で,

末松謙澄訳(1913)『ユスチーニアーヌス帝欽定羅馬法學提要』帝国学士院

となっています。古すぎて国会図書館のデジタルアーカイヴ経由にて無料で読むことができます。ユスティニアヌスの法編纂といえば高校世界史でも扱うほどのものですが,新訳はでないのでしょうか…

 

以下テキストと訳です。

テキストはLatin Library (The Institutes of Justinian, Book 1) から引っ張ってきました。

 

DE RERUM DIVISIONE.

物の区分について

 

Superiore libro de iure personarum euimus: modo videamus de rebus. quae vel in nostro patrimonio vel extra nostrum patrimonium habentur. quaedam enim naturali iure communia sunt omnium, quaedam publica, quaedam universitatis, quaedam nullius, pleraque singulorum, quae variis ex causis cuique adquiruntur, sicut ex subiectis apparebit.

前巻においては人の法について説明した。これからは物について見ていくものとする。我々の相続財産内に,我々の相続財産外に,それらは所有される。というのも,全体のうちのいくらかは自然法に基づいて共有物であり,いくらかは国家所有財であり,いくらかは社会のものであり,いくらかは誰のものでもなく,十分な理由(法律問題)によって多様な個々人に与えられる個々のものの最大部分は,言わば論題から明らかになるだろう。

  1. Et quidem naturali iure communia sunt omnium haec: aer et aqua profluens et mare et per hoc litora maris. nemo igitur ad litus maris accedere prohibetur, dum tamen villis et monumentis et aedificiis abstineat, quia non sunt iuris gentium, sicut et mare.
    そしてかたや,全体のうちの以下のものは自然法に基づいて共有物である:空気と流れる水,海と,そして海がそうであるがゆえに海岸もである。従って誰しもが海岸に近づくことが禁止されない,しかしそれは屋敷,記念碑,建築物から遠ざかる限りである;それというのもそれらは,万民法の対象にあるもの―あたかも海のように―ではないからだ。

  2. Flumina autem omnia et portus publica sunt: ideoque ius piscandi omnibus commune est in portibus fluminibusque.
    さらに全ての川と港は国家のものである:そしてそれゆえに,すべての港や川において釣をすることの権利(漁業権)は,共有財である(※)。
    (※)もしくは,港や川において釣をすることの権利(漁業権)は,全ての人々において共有財である

  3. Est autem litus maris, quatenus hibernus fluctus maximus excurrit.
    更に海岸は冬の最大の流れまで広がった範囲で共有物である。

  4. Riparum quoque usus publicus est iuris gentium sicut ipsius fluminis: itaque navem ad eas appellere, funes ex arboribus ibi natis religare, onus aliquid in his reponere cuilibet liberum est, sicuti per ipsum flumen navigare. sed proprietas earum illorum est quorum praediis haerent: qua de causa arbores quoque in iisdem natae eorundem sunt.
    河岸の公共利用もまた,河川それ自体のそれと同様に,万民法のうちの一つである:従って,網をそこに原生である樹木に固く縛って船を陸付し,これに若干の荷物を置くこと誰しもにとって自由である,これは川それ自体を航海するのと同様である。しかし河岸の所有権は,その地所にそれが隣接するところの者にある:その理由で,同じところにある原生の木々もまたその者たちの所有物である。

  5. Litorum quoque usus publicus iuris gentium est, sicut ipsius maris: et ob id quibuslibet liberum est, casam ibi imponere, in qua se recipiant, sicut retia siccare et ex mare deducere. proprietas autem eorum potest intellegi nullius esse, sed eiusdem iuris esse cuius et mare, et quae subiacent mari terra vel harena.
    海岸の公的利用もまた,海のそれと同様に万民法のうちにあるものである。そしてそのために,自ら休息するところの家をそこに据え置くことは誰しもが自由である;これは網を乾かし,海から遠ざけておくのが自由であるのと同じことである。他方,それらの所有権は誰のものでもないと考えられることができ,しかし海においても,海の下にあるもの―大地,或いは砂地がそのうちにあるところのものと同じ法のうちにあると考えられることができる。

  6. Universitatis sunt, non singulorum, veluti quae in civitatibus sunt theatra, stadia et similia et si qua alia sunt communia civitatium.
    都市にあるが如きもの,例えば,劇場,競技場や同種のものが,或いは,もし他のものについて都市の共同物であるならば,それらは社会のものであり,個々人のものではない。

  7. Nullius autem sunt res sacrae et religiosae et sanctae: quod enim divini iuris est, id nullius in bonis est.
    というのは,それは神の法のもとにあるもので,誰の財のうちにもないからである。

  8. Sacra sunt, quae rite et per pontifices Deo consecrata sunt, veluti aedes sacrae et dona quae rite ad ministerium Dei dedicata sunt, quae etiam per nostrum constitutionem alienari et obligari prohibuimus, excepta causa redemptionis captivorum. si quis vero auctoritate sua quasi sacrum sibi constituerit, sacrum non est, sed profanum. locus autem, in quo sacrae aedes aedificatae sunt, etiam diruto aedificio, adhuc sacer manet, ut et Papinianus scripsit.
    慣習によって祭祀により神に捧げられたもの―神聖なる建物や奉納物のごときもの―,神への奉仕のために慣習に従って奉納されたもの,更に加えて,我等の規定により他人に渡されたり抵当に置かれたりすることを我らが禁じたもの―捕虜の贖いの理由は除く―は神聖なものである。もし却ってある者が,自らの見解であたかも聖物であるかのように自身において設定するのならば,それは神聖ではなく世俗のものとなる。更に神聖な建物が建築された場所は,建築物が破壊されてさえも尚神聖さを保ち続ける;これはパピニアヌスさえもそう記しているのである。

  9. Religiosum locum unusquisque sua voluntate facit, dum mortuum infert in locum suum. in communem autem locum purum invito socio inferre non licet: in commune vero sepulcrum etiam invitis ceteris licet inferre. item si alienus ususfructus est, proprietarium placet, nisi consentiente usufructuario, locum religiosum non facere. in alienum locum, concedente domino, licet inferre: et licet postea ratum habuerit quam illatus est mortuus, tamen religiosus locus fit.
    自らの地所に死者を埋葬する時,各々が自身の意志によって地を神聖なるものとするのである。しかし,共同所有者が不本意である時,純粋な共有地へと埋葬することは許されない。だが,他の者たちが不本意であってさえいても,共同の墓へ埋葬することは許される。同様にもし用益権が他の者に属するのならば,もし用益者が同意しない限り,所有者が土地を宗教物と為さないことが受け入れられる。他の者の土地へと埋葬することは主人が許せば適法である:そして死者が埋葬された後で主人が有効と認めた場合であっても,その地は神聖になる。
  10. Sanctae quoque res, veluti muri et portae, quodammodo divini iuris sunt et ideo nullius in bonis sunt. ideo autem muros sanctos dicimus, quia poena capitis constituta sit in eos qui aliquid in muros deliquerint. ideo et legum eas partes quibus poenas constituimus adversus eos qui contra leges fecerint sanctiones vocamus.
    囲壁や戸の如きものもまた神聖であり,ある程度神の法のうちにあるもので,そしてそれ故誰も財産の中に置くことができない。さて,死刑は壁へと何らかの罪を犯したものに対して規定されたが故に,我々は壁を神聖なるものとして述べるのである。そしてそれ故に,それに基づいて,法に対して事を為した者に対して我々が罰を制定したところの諸法のその一部を,我々は刑罰規定と称するのである。
  11. Singulorum autem hominum multis modis res fiunt: quarundam enim rerum dominium nanciscimur iure naturali, quod, sicut diximus, appellatur ius gentium, quarundam iure civili. commodius est itaque a vetustiore iure incipere. palam est autem, vetustius esse naturale ius, quod cum ipso genere humano rerum natura prodidit: civilia enim iura tunc coeperunt esse, cum et civitates condi et magistratus creari et leges scribi coeperunt.
    更に,多くの方法において物は各個人の所有物となる:というのも,ある物の所有権を我々は自然法―既に述べたがそれは万民法と呼ばれる―によって偶々得るのであり,市民法によって別の物の所有権を我々は得るのである。それ故に,より古い法について始めることがより相応しい。そこで,自然法がより古いということは明らかである;というのも人間の血統それ自体とともに,物の自然法則は生じたからだ:そして市民は,国家が建設されること,官吏が選び出されること,法が記されること,これらが始められた時に始められたのである。

続く