scriniarius Togawanus

復習がてら古典作品の対訳を書くだけです。

お詫び

拙訳が授業での修正を経て本ページにて公開されている状況は、授業参加者全員による成果を横領したということに他ならぬため、この度幾つかの記事を削除しました。

ご指摘を頂戴するまでこの倫理的問題に意識を向けられていなかったことこそが大きな問題であり、関係者の皆様に深くお詫び申し上げる次第です。申し訳ございません。